蜂蜜の効能 蜂蜜の安全性について

蜂蜜の安全性について

ハチミツは日本以外でも世界のあらゆる国々で作られています。

 

でも、ここで注意したいのが海外産のハチミツの中にはまれに
中毒症状を起こすものがあるということです。

 

 

次のような報告があります。

 

東京都内に住む60歳代女性が、東南アジアで購入したハチミツを
お湯に溶かして飲んだところ、
30分後に呼吸困難や視覚異常などの状態に陥ってしまったそうです。

 

 

数時間後には歩けなくなってしまったため、救急車を呼んだそうです。
その際、嘔吐や下痢はなかったそうです。

 

 

ツツジ科植物の花や蜜には『グラヤノトキシン』という毒性物質があります。
ハチミツには稀に、このグラヤノトキシンという毒性物質が含まれることがあります。

 

スポンサードリンク

 

冒頭の女性が中毒症状を起こした原因はこのグラヤノトキシンだったのです。

 

ところかわって、野生のハチミツを食べる習慣のあるトルコの黒海沿岸部では
『マッドハニー病』としてこの中毒が多発しているそうです。

 

 

このツツジ科の植物が毒性を持つ植物であることは古代から知られていました。

 

紀元前4世紀、ギリシャの軍人がツツジ科植物由来のハチミツを食べて
中毒症状を起こした記録があります。

 

 

また、古代ローマ時代、軍が敵の罠にはまり、ツツジ科植物由来のハチミツを食べて
中毒症状を起こしたところを襲われ兵士が殺害されたという記録が残っています。

 

 

グラヤノトキシンの中毒で死に至ることはないそうです。
一般的に症状が24時間以上続くことはないそうです。

 

よく効く拮抗薬があるので、ハチミツを食べて数時間後に気分がわるくなったら、
はやめに病院に行き、医師にハチミツを食べたことを伝えるといいでしょう。

スポンサードリンク