蜂蜜の効能 蜂蜜アレルギーの仕組み

蜂蜜アレルギーの仕組み

食物アレルギーとは、アレルギー体質の人が、
ある特定のタンパク質を含んだ食品を食べることで、

 

そのタンパク質を身体の免疫システムが『異物』として認識し、
排除しようとする反応のことです。

 

 

お店で売られている食品は、アレルゲンとなるタンパク質を含む食品で、
卵、牛肉、小麦、アレルギー症状が重篤化する恐れのある落花生、
そばも表示を義務化しています。

 

 

ハチミツの成分は果糖、ブドウ糖、水分、ビタミン、ミネラル、酵素となっています。
一見食物アレルギーをひきおこしそうな物は入っていない様に思います。

 

 

でもハチミツはミツバチが運んできた花粉で作られるものです。
ナチュラルのハチミツであればあるほどミツバチが採ってきたままの状態に近いです。

 

スポンサードリンク

 

ミツバチは、なるべく一つの花の蜜を集めようとする習性がありますが、
いろいろな花粉を集めてハチミツは作られるので、

 

微量ではあれミツバチがアレルゲンを含んだ花粉を持ち帰り、
ハチミツにそのアレルゲンが含まれる可能性があるのです。

 

 

ハチミツのアレルギーがある人は
ある特定の植物に対してアレルギーをもっている人が多いです。

 

 

特にそばは、重篤なアレルギーを引き起こすアレルゲンとされています。

 

微量でもアナフィラキシーショック(全身的な症状が短時間のうちにおこる
アレルギー反応)など引き起こしやすいため注意が必要です。

 

 

ハチミツの中にはそばの花の蜜を集めてきた物もあるので、
そばアレルギーの人は注意が必要です。

 

 

また、アレルギーには『遅延型』というものがあり、
今までは食べても大丈夫だったのに突然アレルギー反応が起こる場合もあります。

スポンサードリンク