蜂蜜の効能 蜂蜜は授乳中に摂取しても大丈夫?

蜂蜜は授乳中に摂取しても大丈夫?

『1歳未満の乳幼児にハチミツを食べさせてはいけない』という話は、
今や育児の常識です。

 

 

厚生省も『1歳未満の乳幼児にハチミツを与えないように』と注意を促してます。

 

なぜかと言うと、生のハチミツには自然界に存在する
『ボツリヌス菌』が含まれているからです。

 

1歳未満の乳幼児は腸内の免疫システムが整っていないので、
このボツリヌス菌が1歳未満の乳幼児の体内に入ると

 

『乳児ボツリヌス症』を発症します。

 

 

乳児ボツリヌス症の症状は、潜伏期間が3日から30日で、
長期の便秘や筋力の低下、哺乳力の低下がみられます。

 

 

鳴き声が小さくなり、顔面は無表情で、首すわりが悪くなったりします。
致死率は低いですが、運悪く死亡するケースもあります。

 

スポンサードリンク

 

そんな恐ろしい話を聞くと、授乳中のママなら

 

『授乳中は食べたものが母乳になるって聞くし、
ハチミツを食べたら母乳にでるんじゃないかな?』

 

と不安になるかもしれません。

 

 

結論から言うと、授乳中のママがハチミツを食べても赤ちゃんに悪影響は全くありません。

 

仮にボツリヌス菌が含まれている生のハチミツを授乳中のママが食べたとしても、
ママの身体の中で消化吸収されて栄養素だけ母乳になるので、
母乳を介してボツリヌス菌が移動することはありません。

 

 

ですので、赤ちゃんがおっぱいからボツリヌス菌を摂取する危険はありません。
安心してママはハチミツを食べて大丈夫です。

 

 

出産して間も無くの授乳中は夜中に何回も起きるし、
身体がまだ元に戻ってないので睡眠不足や疲労でクタクタだと思います。

 

 

また、おっぱいを出すので水分不足になり便秘になるママもいると思います。
そんな授乳中のママこそ多くの栄養素を含んでいるハチミツを食べることをお勧めします。

 

 

ハチミツは疲労回復効果、便秘解消効果もありますので、
授乳中のママの身体にぴったりです。

スポンサードリンク