蜂蜜の効能 動脈硬化

動脈硬化のリスクがある人は蜂蜜の効能に注目

蜂蜜とは、ミツバチが集めた花の蜜が、巣の中で加工されたものです。
粘性のある液体で、80%が糖分で構成された、非常に甘いものです。

 

蜜源植物によって、様々な味や色の蜂蜜が生産されます。

 

もともと、ミツバチの貯蔵食料でありますが、その一方で、人間や熊など
他の生物の食料となる場合も多いです。

 

かつて人類は、天然の蜂の巣から、蜂蜜を採集していましたが、近代では
養蜂によって蜂を飼育し、効率よく蜂蜜を採集しています。

 

蜂蜜は、食用のほか、調味料や薬用としての利用がなされてきました。
薬用利用としての蜂蜜の効能に多数知られています。

スポンサードリンク

効果の秘密

まず整腸薬としての作用が知られています。
これは、腸内のビフィズス菌を増やす作用があるためです。

 

そのほかの蜂蜜の効能としまして、高血圧や高脂血症を改善する効果が知られています。
高血圧と高脂血症に効果があることから動脈硬化などの、血管の老化防止に有効です。

 

動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞のリスク要因となる基礎疾患であり
放っておくと命に係わるものですが、食事療法や運動療法で改善するのは困難です。

 

また、医薬品による治療は、しばしば副作用や、継続がむずかしいといった問題があります。

 

そこで、蜂蜜のような日常的に摂取しやすい食品あるいは、健康食品・蜂蜜サプリメントでの
継続的な治療は、動脈硬化症状の改善や予防に非常に有効です。

 

他にも、殺菌作用やがん予防、鎮静作用など多数が蜂蜜の効能として知られており
蜂蜜は古くから、万能薬と称されることもあります。

 

蜂蜜はおいしいだけの食品ではないということなんですね。

スポンサードリンク